URSI-C委員会 第26期 第1回公開研究会(大分)のご案内

テーマ:
5G-Advancedおよび6Gにおけるミリ波帯・テラヘルツ帯の研究開発動向


概要

 5G-Advancedおよび6Gではミリ波帯・テラヘルツ帯などの高い周波数帯の利用が検討されている.ミリ波帯の電波は直進性が強く,見通し外のエリアをどのようにカバーするかが課題となる.そこで近年電波伝搬環境を動的に制御するReconfigurable Intelligent Surfaces(RIS)の検討が行われている.またテラヘルツ帯は確保できる帯域幅が広く,高解像度のセンサーとしての利用も検討されている.第26期 第1回公開研究会では,5G-Advancedおよび6Gにおける高周波数帯利用の,その最新研究開発動向と課題に焦点を当てる.

主催
URSI-C委員会
http://www.ursi-net.org/jp/Commission-C/index.html

協賛
(予定)
*IEEE AP-S Fukuoka Chapter
*IEEE MTT-S Japan Chapter
*IEEE VTS Tokyo/Japan Chapter
*IEEE SSCS Japan Chapter

日時
2024年3月19日(火) 14:00〜17:00 (懇親会後イブニングセッション)

場所
由布院倶楽部 会議室 (ウェブ会議形式とのハイブリッド開催)
  〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上2952-1,Tel.: 0977-28-2600
オンライン参加: ウェブ会議形式
(ただしコロナ感染症の状況により会場や開催形式が変更になる可能性がございます.)

交通アクセス
https://www.yufuinclub.jp/access
JR由布院駅より徒歩5分


参加費
無料(宿泊費およびイブニングセッション参加費は別となります)

参加資格
どなたでもご参加になれます.

プログラム

(発表 30分・質疑 10分)(敬称略)
  • 13:30〜14:00 受け付け
  • 14:00〜14:15 開会挨拶
  • 14:15〜15:05 「ミリ波帯・サブテラヘルツ帯の活用に向けたNTTドコモの取り組み」
    須山 聡(NTTドコモ)
  • 15:05〜15:55 「RISによる伝搬特性改善」
    川本 雄一(東北大学)
  • 15:55〜16:10 休憩(15分)
  • 16:10〜17:00 「隠れたものを可視化するテラヘルツ波センシング技術」
    平 明徳(三菱電機)
  • 17:00 閉会
  • 18:00〜20:00 懇親会
  • 20:00〜 イブニングセッション
    次世代ホモダイン方式高周波測定技術の現状と測定不確かさの確立
    矢加部 利幸(マルチポート研究所)

懇親会・宿泊のご案内

 公開研究会後,由布院倶楽部にて宿泊懇親会を予定しております.宿泊は「参加申し込みフォーム」から予約できます.
  • 宿泊および懇親会:15,000円程度(1泊朝食および懇親会費込み.宿泊施設からの領収書をお出しできます)
  • イブニングセッション等:3,000円(世話人名で「イブニングセッション参加費」の領収書をお出しします.)

参加申し込み

 ご参加を希望される方は「参加申し込みフォーム」から3月1日(金)までに申し込みをお願いいたします. 会場の定員になり次第締め切らせていただきます.
 オンライン参加を希望される方は、「参加申し込みフォーム」から3月15日(金)までに申し込みをお願いいたします。

     2024年  3月

  日  月  火  水  木  金  土
                       1   2
 ( 3)  4   5   6   7   8   9
 (10) 11  12  13  14  15  16
 (17) 18  19  20  21  22  23
 (24) 25  26  27  28  29  30
 (31)

その他

 講演タイトルや講演順番等が変更される場合もございます.公開研究会の最新情報につきましては,下記URLの第1回 開催案内をご覧下さい.
http://www.ursi-net.org/jp/Commission-C/

役員会
翌日3月20日(水) 09:00〜10:00

ローカル・アレンジ
眞田 幸俊 委員

テクニカル・アレンジ
眞田 幸俊 委員

本件連絡先
眞田 幸俊(慶應大学)
E-mail: sanadaATelec.keio.ac.jp
(全角大文字'AT'を半角@に替えてください)